中古車を購入するメリットは、予算内で新車よりもランクが上の車種やグレードが選べるというもので、新車時に搭載すると価格が高くなりがちなオプションパーツが既に搭載されている車が探せるということです。
一方、中古車を選ぶデメリットは、新車でないため、保証が短いことや、故障への懸念が高いこと、販売店の信頼性、事故歴や修復歴、走行距離などの改ざんなどです。

失敗のない中古車購入をするために、様々なポイントを押さえておくと良いでしょう。



まず、相場というものを知ることが大切で、相場には中古車を販売する側の買取相場と販売相場の2つがあり、たとえば、あなたが欲しい車を販売サイトなどの検索エンジンを利用して、年式やグレード、色、おおよその走行距離などを入力して検索スタートすると、全国各地の販売店の在庫車両がアップされてきます。

この検索により平均価格が割り出されます。
しかしながら、一方で、買取相場というものが存在します。

買取相場は、同じ要領で買取サイトの検索エンジンに情報を入力することで、買取価格が出されます。



複数の買取業者に買取見積もりを出すと、平均価格が出ます。
この価格差は、およそ、20万円から人気の高い車種では、80万円以上と開きがあります。

中古車は整備や車検に保証を付け、大きく儲けを付加します。

NAVERまとめのお得情報を公開します。

業者は巧みに交渉を進めます。

車両に興味を示して保証や車両状態を確認し、直後に支払い方法などを聞きます。

興味を引き付けて2、3度来店し、購入意志固めて連絡先などを教え、連絡を絶って相手からの連絡があったときに同じ車両で値段が安いものが見つかったと告げると交渉に乗ってくるでしょう。

相手が話に乗ってきたときにも終始強く話さずに、下手に出て交渉を進めます。

交渉価格のベンチマークを決め、業者が提示する価格を聞き出し、さらなる価格交渉を行い、ベンチマーク以下で手付を打つことを約束し、交渉に応じるのを待ちます。